【バカ発見器】Twitterでマリファナを購入しようとした男の結末…

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

twitter マリファナ

ツイッターを使って、しかも実名で違法ドラッグをオーダーするのはやめましょう。

誰かうちの仕事場までマリファナを配達してくんねーか?」と地元のドラッグ・ディーラーたちに向けてツイートした何ともお馬鹿なカナダ人男性が、翌日に職場を解雇され、海外のネット上で笑いの的となっている。

見事な自爆劇を演じたのは、カナダ・トロント郊外のオートショップ「Mr. Lube」に勤めていたSunith Baheerathanさん(21)。13日、勤務中にもかかわらず、自ら仕事場の住所を晒しながら、以下の内容の“つぶやき”を投稿した:

マリファナを2グラムほど売ってくれるヴォーン在住のディーラーさん。Keele/Langstaff地区のMr. Lubeまで来てくれよ。なんとか閉店まで乗り切るために、ジョイントが1,2本必要なんだよ
– @Sunith Baheerathan

間もなくBaheerathanさんのもとに1通の返信が届くのだが、それは期待していたディーラーからではなかった。何と「ヨーク区警察」のアカウントから返信が届いたのだ:

すばらしい!私たちも行ってよろしいかな?
– @York Regional Police

▼警察の見事な返し:via imgur
twitter マリファナ2

 この警察のユーモラスな返信は、多くのユーザーに“リツイート”され、「マリファナちょうだい」のつぶやきは、またたく間にツイッター上で話題となった。

突然の注目度に驚いたBaheerathanさんは、すぐにツイッターで弁解。最初のツイートはただのジョークだったとした上で、「ツイートをいちいち真剣に取るのは止めてくれよ」というメッセージを発信した。

だが、時すでに遅し。警察は「Mr. Lube」に事情を報告し、Baheerathanさんはすぐさま解雇処分となった。

翌日、なぜこのような事態になったのか納得のいかないBaheerathanさんは、社会への不満ツイートを連投している:

  • 社会への希望を完全に失ったぜ。殺人鬼やレイピスト、行方不明者たちがいるってのに、やつらが気にかけるのは、マリファナを買おうとしただけの男ときた
    – @Sunith Baheerathan
  • 今のご時世、何をツイートするのか気をつけないとな。言論の自由さえも脅かされている
    – @Sunith Baheerathan

騒動後、「aspiring mechanic(向上心に燃えるメカニック)」と記載されていたBaheerathanさんのアカウント自己紹介欄は、「my tweets are NOT serious by any means(私のツイートはけっして真剣なものではありません)」に書きかえられていた。現在、同アカウントは削除されている。

ツイッターでの発言にはくれぐれも注意しよう。

Thumbnail by M.L. Ullate via Flickr

参考記事:「www.cbc.ca

Top