ノルウェー銃乱射事件のブレイビク受刑囚、プレステ3が欲しくてハンガーストライキを計画中

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アンネシュ・ベーリング・ブレイビクvia AFP

何かが致命的におかしい。

2011年のノルウェー銃乱射事件で多くの命を奪った史上最悪規模の大量殺人鬼アンネシュ・ベーリング・ブレイビクが、刑務所内での「処遇の改善」を求めて駄々をこねているらしい。AFPが報じている。

報道によると、ブレイビク受刑者は12項目からなる要求書を当局に提出。その中で、刑務所生活が“拷問的”だと主張し、状況改善のため「ゲーム機をプレーステーション2から3にアップグレードすること」、「もっと大人向けの面白いゲームを支給することなどを要求したという。

AFPが14日に受け取ったブレイビク受刑囚の要求書アンネシュ・ベーリング・ブレイビク 要求書via AFP

他の受刑者には大人向けのゲームが支給されているにもかかわらず、私には面白みに欠ける子供用ゲーム、例えば3歳児を対象とした「Rayman Revolution」のようなゲームを遊ぶ権利しか与えられていない。

またブレイビク受刑者は、毎日の散歩や外部との連絡に関する条件の改善、1週間当たりの給付額を2倍に引き上げることなどを訴えている。他にも、日常的な身体検査の中止やコンピューターへのアクセスの許可などをリストアップした。

もしこれらの要求が聞き入れられない場合は、ハンガーストライキを決行する姿勢を示しているという。

ブレイビク受刑者は手紙の中で、「自分の服役態度は他の受刑囚よりも模範的なので、より多くの自由が与えられるべきだ」と主張。施設がブレイビク受刑者に対する「動物以下の扱い」を止めるまで、ハンストを続けるつもりだとしている。また自身を「人権活動家」であると表現した。

ブレイビク受刑者はノルウェー連続テロ事件で77人を殺害した罪で、21年の禁固刑が言い渡されている。

意味が分からん。勝手に断食でもなんでもやらせとけばいいと思うのだが、そういうわけにもいかないのだろうか…?そもそも、刑務所内でゲームが与えられるという時点で驚きだ。

ソース:「AFP

Top