ツイートをトイレの紙にしてくれるサービス「Shitter」:アメリカ発、ユニークなスタートアップ・ビジネス 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ソーシャルネットワークをベースにした、斬新でユニークなスタートアップ企業が次から次へと生まれています。そんな中、Twitterをトイレ業界に持ち込んだ新サービスが、一部のユーザーの間で話題を呼んでいます。

その名も「Shitter」、ツイートを“トイレットペーパー”に印刷して、配達してくれるサービスです。名前があまりにもストレートで、逆に清々しいですね。ロゴも、極めてあからさまです:

同社のキャッチコピーは:

ソーシャルメディアがかつて無いほどディスポーザブルに。
“Social Media has never been so disposable.”

4個入りで$35ドル

同サービスは、Twitterアカウントでサインインして、すぐに使い始められます。自分のツイートやフィードだけでなく、赤の他人のツイートもトイレットペーパーにしてくれるようです。

・完成品はこんな感じに

このツイート付きのトイレットペーパーの値段は、4個入りで$35ドル(約2900円)と、トイレの紙にしてはかなりの割高。送料は確認していませんが、アメリカ国外にも配達してくれます。

ユニークなアイデアですが、一般家庭にはまず必要がなさそうです。レストランやバーなどにあれば面白いかもしれませんが、割に合わないような気がします。プレゼントなんかには、良いかもしれませんね。

何か実用的な使い方(トイレットペーパーとして以外で)を思いついたら、オーダーしてみたいと思います。良いアイデアがあれば、教えてください!

サイト: 「getshitter.com

 

Top