歌手Kesha(ケシャ)のTwitterがハックされる: アカウントをハックされた場合の対処法は?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ke$ha (keshasuxx) Twitter

12日、米歌手ケシャKe$ha)のtwitterアカウントが何者かにハックされ、新曲発売に関する嘘の情報が300万人を超えるフォロアーに向け発信された。

問題のツイートには、こうあった:

Single out in a couple hours. Ugh so f**kin stressful…
wish I could stay on da (the) beach forever
後数時間でシングルが発売。もうほんとにイライラする・・・
一生ビーチで過ごせたらいいのに

正確な数字は分からないが、このツイートは、相当数のユーザーに見られた可能性がある。しばらくして、ケシャ本人が問題のツイートに気が付き、すぐさま削除したようだ。

すぐにファンに向け状況を説明するツイートを発信:

animals!! i love u! i got hacked. single is not out YET.
promissse you’ll be the first to know!xx
アニマル(ファンのこと)のみんな!!愛してるわ!アカウントがハックされたの。
シングルはまだ出ないから。絶対に一番最初に知らせるからね!

今年に入り、有名人やメディアのTwitterアカウントがたびたびハックされている。1月には、俳優のアシュトン・カッチャーが同様の被害にあった。同月、米Huffington Postのtwitterアカウントもハックされ、人種差別的で不適切なツイートが数件出回った。


Twitterアカウントをハックされたらどうする?


アカウントがハックされてしまった場合、どう対処すれば良いのか?Twitterは、ハックされた場合のガイドラインを敷いている。

それによると:

1. パスワードを変更する

ハッキングに気が付いたときは、直ちにパスワードを変更する。他のサイトで使用していない複雑なパスワードを設定する。

侵入者によりすでにパスワードが変更され、アカウントにログインできない場合は・・・

パスワードリセットを依頼する
–  パスワードリセットフォームからパスワードリセットの依頼を送る

サポートチームに連絡
– すべてがダメな場合は、「お問い合わせフォーム」から、サポートチームに直接連絡

2. 連携アプリを取り消す

アカウントにログインして「設定」ページに移動

ページ左の「連携アプリ」タブをクリックして、連携アプリの許可を取り消す

3. 後始末

  • アカウントが乗っ取られていた間に投稿されたものを全て削除して、フォロアーに状況を説明する
  • コンピュータをスキャンして、ウィルスやマルウェアのチェック。
  • セキュリティソフトをインストールする

悪意のあるユーザーからアカウントを守るには、複雑なパスワードを設定して、例え家族でもそれを絶対に教えない。むやみやたらにアプリを連携するのもやめた方が良さそうだ。

Top