アメリカでもスポーツ体罰が問題に、名門大学バスケ部のコーチが解雇

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

体罰

最近日本では体罰問題がよく取り上げられているが、先日アメリカでも名門大学での“行き過ぎたスポーツ指導”が明るみになり、非難の声が上がっている。

問題となっているのは、2日にスポーツチャンネル「ESPN」が放送したラトガース大学男子バスケットボール部での体罰の映像。そこには、コーチのマイク・ライスが、選手たちに罵声を浴びせたり、掴みかかったり、ボールを頭に投げつけたりする様子が収められている。

放送後すぐに各方面で怒りが爆発。NBAスターのレブロン・ジェームズやニュージャージー州知事などが次々と非難の声を上げ、話はまたたく間に広まった。これを受け、ラトガース大学は放送から24時間以内にライスコーチを解雇している。

非常に迅速な対応のように思えるが、大学側が最初に事態を把握したのは昨年の11月のこと。その時はコーチに5万ドルの罰金と3試合の出場停止処分を課しただけで、公にすることもしなかった。この大学の生半可な処分にも批判が高まり、大学のアスレチック・ディレクター(体育部責任者)も解雇されることとなった。

放送の翌日、ライスコーチはメディアのインタビューに答え、「言い訳すらできない。私が間違っていた。たくさんの人をがっかりさせてしまった」と語った。

ただラトガース大の選手たちからはコーチを擁護する声も上がっている。「体罰的な行為はコーチのただの一面でしかない。彼は選手のことを第一に考えるコーチだった」とする意見や、「もしみんなが他の練習風景をみるチャンスがあったなら、コーチに対してそれほど厳しい判断を下さなかったと思う」などという意見もあった。一人の選手は、「次のコーチも、ライスさんのように毎日みんなを叱咤してくれるコーチだといい」と語った。

どこまでを体罰とするかは線引きが微妙なところ。受ける側がどう感じているかが重要なポイントともいえるが、指導に暴力を用いるのはやはり間違っている。

ソース:「usatoday.com

Top