【動画】ディズニー映画の「お城ロゴ」を年表順に見比べてみよう!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ディズニー映画 ロゴ お城

こちらは、ウォルト・ディズニーの映画で使用されるロゴを年表順にまとめた動画。映画のオープニングで「Walt Disney Pictures」の文字と一緒にバーンとお城が出てくるあれだ。

「お城ロゴ」が最初に登場したのは、1985年公開の『コルドロン』(The Black Cauldron)。その後10年間は同じロゴだったが、1995年の『トイ・ストーリー』で初めてアレンジが加えられ、それ以降はそれぞれの映画のテーマに沿ったデザインが使われるようになった。

というわけで、1985年から2014年までのディズニーロゴの歴史を順番に見てみよう。

最初の方はブルーの背景にシンプルな2Dのロゴスタンプだったが、2006年からはスタイルが大きく変わりとても手が込んでいる。そして2011年秋の『ザ・マペッツ』からはタイトル文字が「Disney」だけとなった。

▼1985年(コルドロン)ディズニー映画 ロゴ1

▼2010年(トロン:レガシー)ディズニー映画 ロゴ2

今回の動画で登場した映画タイトルは以下の通り:

コルドロン(1985年)、トイ・ストーリー(1995年)、I’ll Be Home for Christmas(1998年)、Inspector Gadget(1999年)、ダイナソー(2000年)、リセス 〜ぼくらの夏休みを守れ!〜(2001年)、アトランティス 失われた帝国(2001年)、スノー・ドッグ(2002年)、ピーターパン2(2002年)、シンデレラII(2002年)、リロ・アンド・スティッチ(2002年)、カントリーベアーズ(2002年)、ジャングル・ブック2(2003年)、ピグレット・ムービー(2003年)、リジー・マグワイア・ムービー(2003年)、ジャングル・ジョージ2(2003年)、Teacher’s Pet(2004年)、ホーム・オン・ザ・レンジ(2004年)、ポップアップ ミッキー/すてきなクリスマス(2004年)、アイス・プリンセス(2005年)、リロ・アンド・スティッチ2(2005年)、チキン・リトル(2005年)、バンビ2(2006年)、シャギー・ドッグ(2006年)、ライアンを探せ!(2006年)、パイレーツ・オブ・カリビアン2(2006年)、ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3(2006年)、魔法にかけられて(2007年)、ベッドタイム・ストーリー(2008年)、ウィッチマウンテン(2009年)、トロン:レガシー(2010年)、プロム(2011年)、パイレーツ・オブ・カリビアン4(2011年)、ザ・マペッツ(2011年)、フランケンウィニー(2012年)、オズ はじまりの戦い(2013年)、プレーンズ(2013年)、マレフィセント(2014年)、イントゥ・ザ・ウッズ(2014年)

Video:「YouTube

Top