【画像】オバマ大統領一家の10年前と今に時の流れを感じる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

オバマ大統領一家 10年前と今

上の写真は、バラク・オバマ第44代アメリカ合衆国大統領とその家族の10年前と現在。「光陰矢の如し」と海外の掲示板Redditで話題になっていた。左は上院議員時代の2005年に撮影されもので、右は2015年4月3日にホワイトハウスのローズガーデンで撮影された家族写真だ。

当時大統領は43歳で、ファーストレディのミシェル夫人が41歳。長女のマリアさんと次女のナターシャさんは、それぞれ7歳と4歳から今年で16歳と13歳になった。新しい写真には愛犬のボーとサニーもいる。

写真を並べて見比べてみると、娘たちの成長と共に、まずオバマ大統領の白髪が印象に残る。ミシェル夫人はあまり変わらないどころか、むしろ若返っているようにさえ見えるが、大統領はまるで20歳くらい一気に年を取ったようだ。やはり大統領としての激務と責任感からくるストレスが半端じゃないのかもしれない…。

▼2009年オバマ大統領一家 2009年by Annie Leibovitz via White House

▼2011年オバマ大統領一家 2011年by Pete Souza via White House

参考:「Reddit

Top