【芸術】木のブロックを「札束が詰まった段ボール箱」に変えるアートワークがすごすぎ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

段ボール箱 札束 木

上の写真は本物の段ボールでも札束でもない。なんとすべて一塊の木でできているのだ。

これはアメリカの彫刻アーティスト、ランドール・ローゼンタールRandall Rosenthal)さんが手がけたアートワーク。ディテールにこだわりながら手彫りで少しずつ木を削り、ペイントして、約2週間かけて完成する。

木材工芸のオンラインフォーラム「Sawmill Creek」で、その制作過程が写真と共に紹介されているので覗いてみよう


【DAY1】: 三枚の板をボンドでくっつけるところから始まる。

段ボール箱 札束 木2

【DAY2】: ボンドが乾いて木の板は一つのブロックになった。

段ボール箱 札束 木3

【DAY3】: ここから彫刻開始。

段ボール箱 札束 木4

【DAY4】: ちょっとエキサイトしすぎて手を切っちゃったらしい。

段ボール箱 札束 木5

でもここまで進んだ。

段ボール箱 札束 木6

【DAY5】: 少しずつ箱に近づいていく。

段ボール箱 札束 木7

【DAY6】: おおまかな形ができてきた。

段ボール箱 札束 木8

【DAY7】: だいぶ段ボールっぽなってきた。

段ボール箱 札束 木9

【DAY9】: 時間をかけて細かいところを修復して彫りはほぼ終了。ここから色を付けていく。

段ボール箱 札束 木10

【DAY10】: もうこの時点で古ぼけた段ボールにしか見えない

段ボール箱 札束 木11

【DAY11】: まずは上の方から徐々にペイント。箱の奥に埋まった札束を表現するのが最もトリッキーとのこと。

段ボール箱 札束 木12

【DAY12】:

段ボール箱 札束 木13

【DAY13】:札束はほぼ完成。後は段ボールに色を付けるだけ。

段ボール箱 札束 木1

アップで見ると、よりリアルさが伝わってくる。

段ボール箱 札束 木14

【DAY14】: ついに出来上がり!最も難しかったのは、段ボールの色を上手く表現することだったという。薄いコーティングを何度も重ね塗りしているらしい。

段ボール箱 札束 木15

※   ※   ※

この作品を手掛ける1年半ほど前に、事故で右手をひどく痛めてしまったというローゼンタールさん。「神様は私に素晴らしい才能を与えてくれたが、その半分を持っていってしまった」と語る。

しかしそこで、“身体的な才能よりも、想像力と持続力が遥かに重要”だということを学んだらしい。「彫刻は、我慢強さとやり遂げる意志がすべて」とフォーラムにコメントした。

段ボール箱 札束 木16

ローゼンタールさんいわく、「芸術は、最ものろまな人間が勝つことのできる唯一のレース。ルールは何もない」。

Images:「sawmillcreek.org

参考記事:「twistedsifter.com

Top