米人気バーガーチェーン「In-N-Out」の通になれる9つのトリビア

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

インアンドアウト thumb by Dalboz17/Flickr

アメリカ・カリフォルニア州生まれの人気ハンバーガー店「In-N-Out(インアンドアウト)」。西海岸を中心に約290店舗を展開する大規模ファーストフードチェーンながら、「最高にフレッシュでおいしいバーガー」が食べられるお店として地元の人たちから広く愛されている。

今回は、アメリカ西部へ旅行するときはぜひ足を運んでみたい「In-N-Out」に関する豆知識をいくつか紹介したいと思う。


1.裏バーガーメニューがオーダーできる


インアンドアウト 4x4by eytonz via Flickr

In-N-Outのレジに記載されているメニューは基本的に「ダブルダブル(パティとチーズ2枚ずつ)」、「チーズバーガー」、「ハンバーガー」、「フライドポテト」の4種類とドリンクのみだが、実は裏メニューを注文することができる。

例えば、「3×3(スリー・バイ・スリー)」と注文すればパティ3枚/チーズ3枚のボリュームバーガーを作ってくれる。「4×4(フォー・バイ・フォー)」は肉とチーズが4枚ずつ。また、「3×1」といえば肉3枚にチーズ1枚。

このように「パテ枚数xチーズ枚数」とオーダーして、大きさをアレンジ可能。また「ダブルミート」と注文すれば、パティ2枚/チーズ無しが出てくる。


2.昔は「100×100」が注文できた


in n out 100x100バーガーvia whatupwilly.com

2004年、ラス・ベガスの店舗で「100×100」をオーダーしたクレイジーな客がいた。値段は97.66ドル(約9800円)で、総カロリー約2万。パティとチーズが100枚ずつの超巨大バーガーだ。

in n out 100x100バーガー2via whatupwilly.com

8人で2時間ほどかけてこのモンスターバーガーをすべてたいらげたらしい。

現在はバーガーの品質を保つために最大で「4×4」までしか注文できなくなっている。


3.もっと裏メニュー


インアンドアウト アニマルスタイル1by yosoynuts/Flickr

「肉、チーズ、トマト、レタス、フレッシュオニオン、特製ソース(サウザンドレッシング風)」が基本スタイルのIn-N-Outバーガー。実は、パテやチーズの枚数を増やす以外にも裏メニューを注文できるのだ。

中でも最も人気が高いのが「アニマルスタイル」と呼ばれるバーガー。

▼アニマルスタイル(Animal Style)

インアンドアウト アニマルスタイルby Dave77459/Flickr

・ピクルス
・特製ソース増量
・フレッシュオニオンの代わりにグリルドオニオン
・パテをマスタードでこんがり焼く

他にもたくさんのスタイルがオーダー可能:

▼プロテイン・スタイル(Protein style)

インアンドアウト プロテインスタイルby Neeta Lind/Flickr

パンの代わりにレタスでパティをはさんだ、炭水化物抜きの健康バーガー。「プロテイン・スタイル」をアニマルにすることもできる。

▼フライング・ダッチマン(The Flying Dutchman)

インアンドアウト フライング・ダッチマンby ekkun/Flickr

・パティ2枚
・チーズ2枚
・パンなし
・好みでベジタブル追加可能

▼グリルド・チーズ(Grilled Cheese)

インアンドアウト グリルドチーズby Denise Cross Photography/Flickr

スライスチーズ2枚をパンにはさんだもの。好みでベジタブルを追加できる。

ベジ―・バーガー(Veggie Burger)

その名の通り肉とチーズが入っていない。レタス、トマト、オニオンをパンで挟んだヘルシーなバーガー。


4.ミディアム・レアのバーガーがオーダー可能


インアンドアウト ミディアムレアby danpeters/Flickr

何とIn-N-Outでは、ファーストフード店なのにバーガーの焼き加減をリクエストできる。これは「トップシークレットメニュー」のオプションだ。

「ウェルダン(well done)」といえば通常よりもしっかりと焼いてくれ、「ミディアム・レア(medium rare)」だと赤身が残るくらいに調理してくれる。


5.すべての食材が新鮮


インアンドアウト フレッシュby snekse/Flickr

In-N-Outは冷凍や調理済みの食材を使用せず、オーダーを受けてから生の食材を調理する。なのですべてが出来たてで野菜も新鮮。パティは自社工場で生産している。


6.ポテトにも裏メニュー


インアンドアウト ポテトby atmtx/Flickr

これも店内メニューには載っていないが、「フレンチフライ」も好みに合わせてアレンジしてくれる。

・「フライズ・ウェルダン(Fries well-done)」 – カリカリに上げたポテト
・「フライズ・ライト(Fries light)」 – 通常よりもフライ時間が短い
・「フライズ・ライトウェル(Fries light well)」 – 通常よりもちょとだけ長くフライ
・「フライズ・ノーソルト(Fries no-salt)」 – 塩抜き

この他にも:

▼「フライズ・アニマルスタイル」(ポテトにグリルドオニオン、チーズ、特製ソースをトッピング)

フライズ アニマルスタイルby punctuated/Flickr

▼「チーズ・フライズ」

インアンドアウト ポテト チーズby p00lriah


7.ドリンクにも裏メニュー


インアンドアウト ドリンクby istolethetv/Flickr

メニューに記載されている飲み物は、シェイク3種(バニラ、チョコ、ストロベリー)とソフトドリンクだけだが、ちゃんと裏メニューはある。

ロートビアー・フロート(root beer float)

– バニラシェイクとルートビアーのハーフ&ハーフ。

▼ナポレオン・シェイク(Neapolitan shake)

ナポレオン・シェイク

バニラ、チョコ、ストロベリーシェイクのミックス。


8.カリフォルニアで最初のドライブスルーバーガー店


インアンドアウト ドライブスルーby .CK/Flickr

1948年にカリフォルニア州LA群ボールドウィン・パークに第1号店をオープンした「In-N-Out」。当時のファーストフード店としては珍しく、外に双方向のスピーカーを設置して、客が車を降りなくても注文できるシステムを採用していた。カリフォルニアで最初にドライブスルーを実現したバーガースタンドだそうだ。


9.従業員が長続きする


インアンドアウト 新鮮by roboppy/Flickrs

他の大手ファーストフードチェーンと違い、In-N-Outは従業員離職率が低い。アルバイト店員の場合は平均で2年、管理職だと平均で14年間仕事を続けるという。

離職率が低い理由の一つは給料の良さにある。カリフォルニア州の店舗では一般従業員のミニマム時給が10.50ドル(約1060円)と、州が定める最低賃金(8ドル)よりも30%ほど高い。店長になると最低でも年収10万ドル(約1000万円)が約束されるらしい。

参考記事:「BuzzFeed

Top