手を使わなくても動かせるセグウェイタイプのハイテク車いす

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

セグウェイ 車いす

こちらは、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」(Segway)をもとに、ニュージーランドの発明家Kevin Halsallさんが開発した電動車椅子「Ogo」。セグウェイと同じく、体の重心移動だけで発進や旋回、加速、ブレーキなどの操作ができるハンズフリーのユニークな車いすだ。

Halsallさんは、最初に新品のセグウェイを解体し、椅子に座って体を傾けて操作できるよう、コントロールシステムを組み直したとのこと。1度の充電で約40キロメートルを走行することができ、タイヤをオフロード用に付け替えれば、時速20kmで砂浜のビーチを走ることも可能だという。また小まめに重心移動の作業を行うのため、乗っているだけで腹筋のコアマッスルを鍛えられるとしている。

Video:「YouTube

Top