中国の路上に「ながらスマホ」用の歩行者レーンが誕生

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スマホ歩き 歩道

どうやら中国で、片時もスマホから目が離せない人のための特別歩行者スペースが設置されたらしい。

重慶市のとある路上で、約30メートルに渡り敷かれたスマホ歩き専用レーン。入口の青い標識には、中国語と英語で「中国初のモバイル電話用歩道」と記されている。

さらに歩道の上には「自分の責任でこのレーンを使用してください」のペイント。考えてみれば、これほど危険な歩行者レーンは他にない。その真横のレーンには「携帯電話禁止」と書かれている。

The Telegraphの報道によると、市がわざわざスマホ歩きレーンを設置した理由は、「歩きながら電話で遊ぶのは良くない」と歩行者たちに改めて認識させるためだという。

スマートフォンの爆発的な普及と共に、世界中で「ながらスマホ」によるトラブルや怪我が問題になっている。

▼ながら歩きの失敗例

Image via by afagen/Flickr

参考記事:「The Telegraph

Top