チャールズ・ダーウィン名言まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

チャールズ・ダーウィン名言

チャールズ・ダーウィン Charles Darwin (1809 – 1882)

イギリスの地質学者、自然科学者。

ダーウィンが著書『種の起源』の中で説いた進化論(自然選択説=自然淘汰説)は、当時のキリスト教から激しい抵抗を受けたが、後に現代生物学の基盤となった。

著書は、『種の起原(On the Origin of Species)』、『ビーグル号航海記』など。


チャールズ・ダーウィン 名言


最も強いものが、あるいは最も知的なものが、生き残るわけではない
最も変化に対応できるものが生き残る
It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but the one most responsive to change

1時間の浪費を何とも思わない人間は、人生の価値を見いだせていない
A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life

もう一度人生を生きれるのなら、私は少なくとも週に一度は詩を読み、音楽を聴く習慣を設けるだろう
If I had my life to live over again, I would have made a rule to read some poetry and listen to some music at least once every week

私には、他人の指揮に盲目的に従うような傾向はない
I am not apt to follow blindly the lead of other men

科学者たるもの、願望や愛着を持つべきではない
ただ石のごとき心を持つべきだ
A scientific man ought to have no wishes, no affections,
a mere heart of stone

知性とは、ある種が生き残るために必要な物事をどれだけ能率的にこなせるようになるかに基づく
Intelligence is based on how efficient species became at doing the things they need to survive

赤面の表情は、最も特有で、最も人間らしい感情表現である
Blushing is the most peculiar and most human of all expressions

ある人の友人関係は、その人の価値を測る最も適切な物差しのひとつである
A mans friendships are one of the best measures of his worth

名言まとめ一覧

Top