オーストラリアのサメ300匹がTwitterを開始、「サメ接近中!」の警告をリアルタイムで伝えてくれる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
サメ襲来の警告を、サメ自らがTwitter経由で知らせてくれるという新しい海の安全システムがオーストラリアで登場した。これから西オーストラリアのビーチにいく人はマストフォロー…。

オーストラリア サメ ツイッター

西オーストラリア州の海では、過去2年間で6人がサメの犠牲となっている。一般客やサーファーたちがもっと安全にビーチを利用できるようにと、地元のライフガードは科学者らと協力し、強力な発信ツールであるTwitterを活用したとてもユニークなサメ対策プロジェクトを立ち上げた。

ホホジロザメなど近海に生息する約300匹のサメに発信器を取り付けて、その動きをリアルタイムでモニタリングするというもの。タグ付けされたサメがビーチの1km範囲内に近づくと、自動で警告メッセージが西オーストラリア州ライフガードのツイッター(@SLSWA)に投稿される仕組みになっている。サメから「ビーチの近くなう」とツイートを受け取るような感覚だ。

▼「4mのホホジロザメ、13:45にバンディ クリーク入口から20m付近で確認」といった具合に、サメ注意ツイートがリアルタイムで投稿される

オーストラリア サメ ツイッター1

これでフォロアーたちは、どのビーチを避けるべきか最新の情報を簡単に受け取ることができる。なかなか素晴らしいツイッターの活用法じゃないだろうか?オーストラリアに行く際は、ぜひともフォローしておきたいアカウントだ。

Surf Life Saving WA @SLSWA

Thumbnail by Terry Goss via Wikipedia

ソース:「Sky News

Top