【画像】100年前の人類が思い描いた21世紀の姿、「100年後はみんな空を飛んでいるはず」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

19世紀の人が思う100年後の世界

100年後の世界はどうなっているだろう…。電脳社会?AI?宇宙コロニー?タイムマシン?

いろいろと夢は膨らみますが、一つだけ確かなことがあります。それは、「100年後の未来は、今の想像からはかけ離れたものになっている」ということです。

19世紀の人たちも、同じように100年後の世界を、つまり今私たちが暮らしている世界を想像しました。今回紹介するのは、100年前の人が思い描いた「西暦2000年のフランス」。フランス人のアーティスト数名が、1899年から数年に渡り描いたイラスト集です。

1899年といえば、「相対性理論」や「量子力学」「DNA」など、現代科学の基盤となっている数々の事実が登場する以前の時代。もちろん、インターネットなどは誰にも想像できなかったでしょう。一体、100年前の人はどんな21世紀を思い描いていたのか…

電車 

19世紀の人が思う100年後の世界 電車

学校

19世紀の人が思う100年後の世界 学校

100年前の絵では、本や教科書をミキサーにかけて、オーディオ化しているのでしょうか?

掃除機

19世紀の人が思う100年後の世界 掃除機

掃除機は予想以上に発達しました。「ルンバ」の勝ち。

空飛ぶ車

19世紀の人が思う100年後の世界 空飛ぶ車

「空飛ぶ車」。そんな技術は十分にありますが、交通規制が不可能です。

ホームシネマ(テレビ)

19世紀の人が思う100年後の世界 テレビ

100年前の絵が何を表しているのかいまいち不明ですが、テレビということであれば、当時の想像を遥かに超えています。

クジラバス(潜水艦)

19世紀の人が思う100年後の世界 潜水艦

クジラをどうやってコントロールしているのか…。

戦車(戦争シーン)

19世紀の人が思う100年後の世界 戦車

想像よりも、ずっと頑丈に、破壊的になりました。

消防士

19世紀の人が思う100年後の世界 消防士

これはさすがに実現不可能です。

農作業

19世紀の人が思う100年後の世界 農家

農作業の自動化。この絵は「大忙しの農夫(A Very Busy Farmer)」と題されています。

洋服仕立て屋

19世紀の人が思う100年後の世界 テイラー

理髪店

19世紀の人が思う100年後の世界 理髪店

全自動かと思いきや、人間が操作していますね。散髪は、あまり機械に任せたくありません。

細菌駆除

19世紀の人が思う100年後の世界 細菌駆除

絵のタイトルには、「病原菌駆除(la chasse aux microbes)」とあります。

水中レース

19世紀の人が思う100年後の世界 水中レース

海中乗馬

19世紀の人が思う100年後の世界 乗馬

カモメ釣り

19世紀の人が思う100年後の世界 カモメ釣り

 


「空」「海」「自動」、この3つが未来へのキーワードとなっていたようですね。どの絵を見ても、当時のテクノロジーを複雑化・自動化、もしくはファンタジー化したものばかり。技術面で言えば、とうの昔に実現可能だったものが多いです(海洋生物ライダーを除いて)。あらためて科学の発展のすさまじさを思い知らされます。

現実の21世紀は、あらゆる面で100年前の人たちが想像した未来を上回ったと思います。想像力は無限大といえど、やはりその時代の常識からは抜け出せないものです。

今こうして昔の人たちが思い描いた未来予想を見てみると、正直なところネタとしか思えません。100年後の子孫たちも、今私たちが想像している未来を振り返ったときに、全く同じことを思うでしょう。

今後100年で、新たな科学的事実がいくつも発見され、現代の常識が覆るのは確実です。現在では想像もできないような技術が生まれ、新しい世界が切り開かれていきます。

おまけ: 映画・アニメに見る「未来」

ハリウッド映画や日本のアニメが描く「未来」をまとめてみました。

  • 2015年
    車は空を飛び、「ホバーボード」が大流行する。映画『ジョーズ19』が公開
    -『Back to the Future 2』
  • 2017年
    世界経済は大恐慌に陥り、アメリカは巨大な管理国家と化す。囚人をコロシアム風に戦わせるサバイバルゲーム番組『ランニングマン』が大人気に
    -『ランニングマン』
  • 2019年
    戦争により世界は荒廃し、東京都は新首都「ネオ東京」に変わる。そんな世の中でも、暴走族は健在、抗争に明け暮れる。クラウンの総長は超能力を持つ
    -『アキラ』
  • 2029年
    第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となる。電脳化・サイボーグ化(義体化)技術が発達し、普及。複雑な社会の治安を維持するため、攻性公安警察組織「公安9課」が大活躍
    -『甲殻機動隊』
  • 2035年
    「ロボット3原則」を組み込まれたロボットが人間のサポート役として日常生活に浸透する。しかし、ロボットを統率する中枢コンピューター「ヴィキ」が異常をきたし大変なことに…
    -『アイ、ロボット』
  • 2038年
    アメリカ合衆国が事実上崩壊し、イギリスは独裁者によって全体主義国家と化す。ガイ・フォークスの仮面を被る謎の男が、全体主義体制の転覆を目論み各地でテロを決行する
    -『Vフォー・ヴェンデッタ』
  • 2084年
    火星に植民地が誕生し、多くの人類が居住する。「酸素」が商品化した時代。「記憶」を売る商売が大繁盛
    -『トータル・リコール』
  • 2122年
    ついに異星文明の電波信号を受信!人類初となる異星人との交流のため惑星LV-426に向かった探索隊は、不運にもグロテスクな寄生生物に襲われるはめに…
    -『エイリアン』
  • 2154年
    人類は勝手に他の惑星に乗り込んでいき、希少鉱物の採掘を開始する。惑星原住民「ナヴィ」族との間に抗争が勃発。「アバター」技術を使って、人間とナヴィ族との交流を試みるが…
    -『アバター』
  • 2199年
    機械迫害を続ける人間に怒ったコンピュータが大反乱を起こし、機械国家「ゼロワン」を建設。人類と機械の大戦争に発展する。その結果、人類は機械の養分として養殖されることになり、仮想現実「マトリックス」の世界に閉じ込められる
    -『マトリックス』
  • 2805年
    汚染により地球に住めなくなったため、人類は世代宇宙船「アクシオム(AXIOM)」で生活している。地球では、たった1台のお掃除ロボットが、途方もない清掃作業に取り組んでいる
    -『ウォーリー』
  • 3955年
    久しぶりに地球に戻ってみたら、サルどもに乗っ取られてた!!
    -『猿の惑星』

※   ※   ※

あなたはどんな未来を想像しますか?

参考記事:「Public Domain Review

画像ソース: 「Wikimedia Commons

Top