「Amazonっぽいレジュメを作ってみた」、Web屋ならではの斬新なオンライン履歴書が話題に

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

斬新なオンライン履歴書

職探しの第一関門となる履歴書。限られたスペースの中で、“これまでの自分”を余すことなくアピールするとても大事な一枚。

最近ではオンライン履歴書も少しずつ浸透し始め、クリエイティブに自分を表現できるチャンスが増えた。そんな中、フランス在住のPhilippe Dubostさんが作成した斬新なオンラインレジュメが、海外のネット上で話題になっている。

斬新なオンライン履歴書は斬新

Web関連の仕事に携わるDubostさんが作成したのは、Amazon商品ページのデザインをそっくりそのまま真似たオンライン履歴書。自分自身を商品として扱っており、「Add to Cart(ショッピングカートに入れる)」をクリックすると、コンタクトフォームがポップアップする仕組みになっている。

ただ単にAmazonのデザインを真似ているだけじゃない。この履歴書の面白いところは、商品ページの各項目をとてもうまく利用して、ユニークかつ明確に自分をアピールしているところだ。

斬新なオンライン履歴書2

例えば商品の概要欄には、Dubostさんのジョブタイトルや特徴が簡潔に記載されている。見慣れたデザインなので、とてもわかりやすい。在庫状況には、「在庫1品限り、ギフト梱包可能」と書かれており、ちょっとしたユーモアも忘れていない。

ページをスクロールダウンしていくと、「Product Details(商品の詳細)」に学歴やスキル、身長などが。そしてカスタマーレビュー欄には、これまでの雇用主や取引相手からの評価が載っている。

このレビューは役に立ちましたか?」で「Yes」をクリックすると、「Webプロダクトマネージャはもっと役立ちますよ」というメッセージが表示され、「No」をクリックすると、「今の時代、本当に役に立つものなんてありますか」というメッセージが表示される。

斬新なオンライン履歴書3

ただ、自分の履歴書なのにカスタマーレビューで「星一つ」がたくさんついているのが少し気になる。Dubostさんによると、元彼女がたくさんいるからとのこと。

Dubostさんの履歴書ページは、人気サイト「Mashable」が取り上げたことで、一気にソーシャルネットワーク上でバイラルに広がった。現在Dubostさんは、ユーザーからのレスポンスやメディアへの対応で大忙しだという。

実際のところ履歴書だけでは、その人が本当に適した人材なのかどうかは到底分からない。しかしDubostさんの場合、たった一つの履歴書で、彼の生業であるWeb屋としての能力の高さを見事に証明した。

すでに彼の履歴書ページは、2万以上の「いいね!」を獲得しており、大手ニュースサイト「Slate」は彼のアイデアを「最も機知に富んだオンラインレジュメ」と評している。これぞ究極のセルフブランディング?

・Dubostさんの履歴書ページ:「www.phildub.com

Top