「これぞスポーツマンシップのお手本」みたいな映像をまとめた動画

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スポーツマンシップ

スポーツマンシップとは何か?「スポーツを心から楽しんで、公正さを愛する」「ライバルに対して尊敬の念を忘れず、同じスポーツを愛する仲間として接する」。スポーツの世界だけに限らず、生きていく上で大切にしたい美学だ。

そんなスポーツマン精神を見事に体現しているアスリートたちの感動の映像をご覧ください。心が洗われるような気持になります。

動画の後半でトライアスロンに挑んでいるのは、「チーム・ホイト」ことホイト親子。父ディックさんが、脳性麻痺障害を持つ息子リックさんを車椅子で押しながら、数々のフルマラソンやトライアスロンに挑戦している。

ディックさんがランナーになったのは36歳のとき。息子のリックさんがチャリティーマラソンに出たいと言ったのがきっかけだったという。それ以来、約40年に渡り、2人はボストンマラソンやアイアンマン選手権などを含む合計1000以上の大会に出場してきた。

72歳となった今でも、ディックさんは息子を押しながら走り続けている。

Thumbnail by woodleywonderworks via Flickr

Video:「YouTube

Top