【動画】最近のクロマキー合成技術が想像以上にすごかった

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

当たり前のことだが、映画やドラマなどのすべてのシーンが現地で撮影されているわけじゃない。「クロマキー」と呼ばれる技術で背景を合成したシーンがたくさんある。

クロマキー合成とは:

特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術。フィルムでは古くから使われてきたブルーバック合成を模したもので、均質な色の背景の前で人物を撮影し、背景に別の映像をはめこむなどの使い方がなされる。
Wikipediaより

上の動画は、アメリカのドラマで使用されたクロマキー合成をまとめたもの。とてもクオリティーが高く、「こんなシーンまで合成だったんだ!」と驚かされる。

以下は、米人気シリーズ「ウォーキング・デッド」のCGシーン。

グリーンシートの前で、まるでその場にいるかのような演技ができる俳優はすごい。

Video:「YouTube

Top