ドストエフスキー名言(日本語、英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

フョードル・ドストエフスキー Fyodor Dostoyevsky(1821 – 1881)

ロシアの小説家・思想家。トルストイと共に19世紀後半のロシア文学を代表する文豪。近代西洋文学における最重要人物の一人と評され、彼が世界の文学に与えた影響は計り知れない。

代表作は、『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。


ドストエフスキー名言


地獄とは何か、それはもはや愛せないという苦しみだ
What is hell? I maintain that it is the suffering of being unable to love
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

大事なのは、自分に嘘をつかないことです。
自分に嘘をつき、自分の嘘に耳を傾ける人間というのは、自分のなかにもまわりの人間のなかにも、どんな真実も見分けがつかなくなって、ひいては、自分に対しても他人に対しても尊敬の気持ちを失うことになるのです。
だれも敬わないとなると、人は愛することをやめてしまう
Above all, don’t lie to yourself.
The man who lies to himself and listens to his own lie comes to a point that he cannot distinguish the truth within him, or around him, and so loses all respect for himself and for others.
And having no respect he ceases to love
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

それなのに、この節では才能をそなえたほとんどすべての人が、こっけいな存在になるのをひどく恐れて、そのために不幸でいるんす
Besides, nowadays, almost all capable people are terribly afraid of being ridiculous, and are miserable because of it
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

神と悪魔が戦っている。 そして、その戦場こそは人間の心なのだ
God and the devil are fighting and the battlefield is the heart of man
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

太陽が目にはいる。 たとい太陽が目にはいらなくても、 太陽の存在することを知っ ている。 太陽が存在することを知っているということが、 それがすなわち全生命なんだ
I can see the sun, but even if I cannot see the sun, I know that it exists. And to know that the sun is there – that is living
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

その人はこう言うんです。「自分は人類を愛してはいるけど、われながら自分に呆れている。それというのも、人類全体を愛するようになればなるほど、個々の人間、つまりひとりひとりの個人に対する愛情が薄れてゆくからだ」
I love mankind, he said, “but I find to my amazement that the more I love mankind as a whole, the less I love man in particular”
-『カラマーゾフの兄弟(The Brothers Karamazov)』

苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである
Pain and suffering are always inevitable for a large intelligence and a deep heart.
-『罪と罰(Crime and Punishment)』

新しい一歩を踏み出すこと、新しい言葉を発することは、人々が最も恐れることである
Taking a new step, uttering a new word, is what people fear most
-『罪と罰(Crime and Punishment)』

人間というものは、不幸の方だけを並べ立てて幸福の方は数えようとしないものなんだ
Man only likes to count his troubles; he doesn’t calculate his happiness
-『地下室の手記(Notes from Underground)』

一杯の茶を飲めれば、世界なんか破滅したって、それでいいのさ
I say let the world go to hell, but I should always have my tea
-『地下室の手記(Notes from Underground)』

金が何よりも卑しく、しかもいとわしいのは、それが人間に才能まで与えるからである
What is most vile and despicable about money is that it even confers talent

希望を持たずに生きることは、死ぬことに等しい
To live without Hope is to Cease to live

「私にはその行為に責任があるのだろうか?ないのだろうか?」という疑問が心に浮かんだら、あなたに責任があるのです
If you can put the question, ‘Am I or am I not responsible for my acts?’ then you are responsible

人間の後半生は、通常、前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ
It seems, in fact, as though the second half of a man’s life is made up of nothing, but the habits he has accumulated during the first half

幸福は幸福の中にあるのではなく、それを手に入れる過程の中だけにある
Happiness does not lie in happiness, but in the achievement of it

名言まとめ一覧

Top