サン・テグジュペリ名言まとめ(日本語、英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

サン・テグジュペリ名言

アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ Antoine de Saint-Exupéry(1900 – 1944)

フランスの作家。操縦士でもあり、郵便輸送のためのパイロットとして、欧州-南米間の飛行航路開拓などにも携わった。「サンテックス」の愛称で親しまれ、代表作の『星の王子さま』(Le Petit Prince)は、大人から子供まで世界中で深く愛されている。

著書は、『夜間飛行』(Vol de Nuit)『人間の土地』(Terre des Hommes)など。


サン・テグジュペリ名言


愛、それはただ互いに見つめ合うことではなく、
ふたりが同じ方向を見つめることである
Loving is not just looking at each other,
it’s looking in the same direction

救いは一歩踏み出すことだ。さてもう一歩。
そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ
What saves a man is to take a step. Then another step.
It is always the same step, but you have to take it

本当の愛は、もはや何一つ報酬を望まないところに始まるのだ
True love begins when nothing is looked for in return

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない
A goal without a plan is just a wish

他人を裁くより自分を裁く方がずっと難しい
It is much difficult to judge oneself than to judge others

『星の王子様』(Le Petit Prince)より:

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。
かんじんなことは、目に見えないんだ
It is only with the heart that one can see rightly,
what is essential is invisible to the eye
-『星の王子様』

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているから
What makes the desert beautiful is that somewhere it hides a well..
-『星の王子様』

あんたはこのことを忘れちゃいけない。
めんどうみた相手には、いつまでも責任があるんだ
You mustn’t forget it.
You become responsible forever for what you’ve tamed
-『星の王子様』

人間ってやつは、今じゃもう何もわかる暇がないんだ。
あきんどの店で、できあいの品物を買ってるんだがね。友だちを売りものにしているあきんどなんてありゃしないんだから、人間のやつ今じゃ友だちなんか持ってやしないんだ
Men have no more time to understand anything.
They buy things all ready made at the shops. But there is no shop anywhere where one can buy friendship, and so men have no friends any more
-『星の王子様』

あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、そのバラの花のためにひまつぶししたからだよ
It is the time you have wasted for your rose that makes your rose so important
-『星の王子様』

どんなおとなたちも、一度は子どもだった。
でもそのことを覚えている大人はほとんどいない
All grown-ups were once children…
but only few of them remember it
-『星の王子様』

おれの目から見ると、あんたはまだ、ほかの十万もの男の子とべつに変わりない男の子なのさ。だからおれは、あんたがいなくたっていいんだ。あんたもやっぱりおれがいなくたっていいんだ。
To me, you are still nothing more than a little boy who is just like a hundred thousand other little boys. And I have no need of you. And you, on your part, have no need of me

だけど、あんたがおれを飼いならし仲良くなると、おれたちはもうお互いに離れられなくなるよ。あんたはおれにとって、この世でたったひとりの人になるし、おれはあんたにとって、かけがえのないものになるんだよ
But if you tame me, then we shall need each other. To me, you will be unique in all the world. To you, I shall be unique in all the world…
-『星の王子様』

「友だちがほしいんなら、おれと仲よくするんだな」
If you want a friend, tame me

「でも、どうしたらいいの?」と、王子さまがいいました
‘What must I do, to tame you?’ asked the little prince.

「辛抱が大事だよ」、キツネが答えました。
「最初は、おれからすこしはなれて、こんなふうに、草の中にすわるんだ。おれは、あんたをちょいちょい横目でみる。あんたはなんにもいわない。それも言葉っていうやつが、勘ちがいのもとだからだよ。一日一日とたってゆくうちに、あんたはだんだんと近いところへきて、すわれるようになるんだ
‘You must be very patient,’ replied the fox.
‘First you will sit down at a little distance from me like that in the grass. I shall look at you out of the corner of my eye, and you will say nothing. Words are the source of misunderstandings. But you will sit a little closer to me, every day…”
-『星の王子様』

きみが夕方の四時に来るなら、ぼくは三時から嬉しくなってくる。
そこから時間が進めば進むほど、どんどん嬉しくなってくる。
そうしてとうとう四時になるともう、そわそわしたり、どきどきしたり。
こうして、幸福のありがたさを身にしみて思う
You came at four o’clock in the afternoon, then at three o’clock I shall begin to be happy.
I shall feel happier and happier as the hour advances.
At four o’clock, I shall be worrying and jumping about.
I shall show you how happy I am!
-『星の王子様』

人間はみんな、ちがった目で星を見てるんだ。
旅行する人の目から見ると、星は案内者。
ちっぽけな光くらいにしか思ってない人もいる。
学者の人たちのうちには、星をむずかしい問題にしてる人もいる。
だけど星のほうは、なんにも言わずにだまっている。
きみにとっては、星がほかの人とは違ったものになるんだ
All men have stars, but they are not the same things for different people.
For some, who are travelers, the stars are guides.
For others they are no more than little lights in the sky.
For others, who are scholars, they are problems…
But all these stars are silent.
You-You alone will have stars as no one else has them…
-『星の王子様』

ぼくは、あの星のなかの一つに住むんだ。
その一つの星のなかで笑うんだ。
すると、きみが夜空をながめたときに、星がみんな笑ってるように見えるだろう
In one of the stars I shall be living.
In one of them I shall be laughing.
And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night
-『星の王子様』

きみたちのためには死ねない。もちろんぼくのバラだって、通りすがりの人が見れば、きみたちと同じだと思うだろう。
でもあのバラだけ、彼女だけが、きみたち全部よりもたいせつだ
You’re beautiful, but you’re empty…One couldn’t die for you. Of course, an ordinary passerby would think my rose looked just like you.
But my rose, all on her own, is more important than all of you together
-『星の王子様』

空をごらんなさい。そして、「あのヒツジは、あの花をたべたのだろうか、たべなかったのだろうか」、と考えてごらんなさい。
そうしたら、世のなかのことがみなどんなに変わるものか、おわかりになるでしょう…。
そして、おとなたちには、だれにも、それがどんなに大事なことか、決してわかりっこないでしょう
Look at the sky. Ask yourselves: Has the sheep eaten the flower, yes or no? And you will see how everything changes.
And no grown-ups will ever understand why it is so important!
-『星の王子様』

 Image by kairin via flickr

名言一覧まとめ

Top