【画像】中国おもちゃ工場の日常をとらえた写真が面白い!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

中国のおもちゃ工場

世界の玩具の70%近くを製造する、おもちゃ大国の中国。人件費の上昇などでその地位が揺らぎつつあるとはいえ、そこで製造された玩具は、今年も世界中の子供たちのクリスマスプレゼントになる。子供たちにとっては、ある意味ノースポールにあるサンタクロースのおもちゃ工場みたいなものだ。

だが、そこで働いているのはもちろん妖精たちじゃない。過酷な条件下で働く出稼ぎ労働者たちがほとんどだ。そんな中国おもちゃ工場の日常をとらえた写真がとても興味深い。撮影者のミシェル・ウルフさんは、自身のポートフォリオを「リアル・トイストーリー」と呼んでいる。


中国おもちゃ工場の1日


▼出社時には長蛇の列が

▼黙々と働く作業員たち。女性の数が圧倒的に多い

▼赤ちゃん人形の組み立て

▼十代にも見えるような若い女性も働いている

▼ランチ休憩。何を食べているのだろう?ランチ休憩

▼とにかく人が多い。写真だけでも喧噪さが伝わってくる

▼しばしの休憩

▼組立途中の赤ちゃん人形を抱いて寝ている

▼作業再開

▼子供たちに大人気の「スポンジ・ボブ」

▼世界のあらゆる人気キャラがここで生産されている

▼椅子を二つ組み合わせて器用に座る作業員。
これはさすがに危険。椅子ぐらい買ってあげて欲しい

 

▼作業員たちが暮らす寮

労働搾取などと言われしばしば問題視される中国の工場だが、この写真を見て想像していたよりもどこか明るい印象を受けた。

画像:「http://imgur.com/a/wrIds」、「photomichaelwolf.com

Top