【動画】母ザルを殺した野生のヒョウがその子供を育てようとする、動物の不思議

メスヒョウと子ザルの奇妙な関係

野生の動物にも、憐みや情けという感情があるのかもしれない。メスのヒョウが母ザルを殺した後、一緒にいた赤ちゃんザルの面倒をみようとする、なんとも不思議な映像がYouTubeで話題になっている。(※動画は記事の最後)

ジャングルの不思議 – メスヒョウと子ザル

野生の王国では弱肉強食が前提。この日も腹を空かせたヒョウが、オスザルがいない間を見計らいメスザルを襲った。

仕留めた獲物を木の上まで運んだ時、ヒョウは奇妙なことに気が付く。生まれたばかりの子ザルが死んだ母親の体にくっ付いていたのだ。

ヒョウは母ザルの体を置いて、振り落とされた子ザルのもとへ。一息にかぶりつくのかと思いきや、何と子ザルの側に寝転がって、頭を撫でたり体を舐めたりし始めた!

そこにハイエナが登場。するとヒョウは、まず子ザルを安全な場所まで運んでから、ハイエナを威嚇して追い払った。

それからというもの、ヒョウは子ザルのもとを片時も離れようとしない。子ザルのほうもすでに懐いたのか、ヒョウの後をついて回った。

やがて2匹は、寄り添いながら眠りにつく。

ナレーションによると、残念ながら子ザルは寒さに耐えられず、その夜に死んでしまったらしい。

翌朝、ヒョウは冷たくなった子ザルを置いて、母ザルを食べたそうだ。

ヒョウは一体どんな気持ちだったのだろう。ただの好奇心だったのか?それとも、これが母性本能というものなのか?母ザルをすぐに食べなかったのには、何か理由があるんだろうか?

いろいろと考えさせられてしまう。やはり動物の世界は不思議なことだらけだ。

出典:「youtube.com/watch?v=1zgJzuHEIfc

Top