ケニア高校生の走り高跳びの試合がいろんな意味ですごすぎる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ケニアの走り高跳び

整備されていないグラウンドに、木製のシンプルな備品。大勢の群衆が見守る中、2人の高校生が走り幅跳びを競い合っている。セーフティ・マットすら敷いておらず、しかも一人は裸足だ!

これは、ケニアのリフトバレー州Mosoriotという町で撮影された、高校生陸上大会の映像。晴天の効果もあってか、とても跳躍感が伝わってくる。

最後のジャンプは2メートルを超えているだろうか?とにかく2人とも凄まじい身体能力だ。対決は、ナイキの靴を履いていた緑パンツが勝利した様子。

もし彼らが、設備の整った環境でスポーツに打ち込むことができるなら、その伸びしろは計り知れない。

Video:「YouTube

Top