【画像】死ぬまでに訪れたい!冬は公園、夏はエメラルドの湖に変わるオーストリアのグリーンレイク

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

夏に湖に変わる オーストリアのグリーンレイク

オーストリアのスティリア地方にある「グリーンレイク」。冬場は小さな湖でハイキングコースとして親しまれているエリアだが、春になるとアルプスの雪解け水で水位が上昇し、ダイバーに人気の湖に生まれ変わる。

夏には辺りの草原を一面飲み込み、美しいエメラルドグリーンに輝く。周りの遊歩道やベンチもすべて沈むため、リアルな水中公園が出現するという、とても神秘的な湖だ。

グリーンレイクの夏

▼夏場には水深が12メートルにまで達するグリーンレイク 水中

▼本当の意味での水中散歩
夏のグリーンレイク 遊歩道が水に沈む

草原の上を浮かんでいるよう

水温は平均4~8℃と非常に冷たいが、クリスタルクリアな透明度。水中で草木が咲き誇り、ダイバーはありのままの草原を楽しむことができる。

水中に沈む小さな架け橋

▼水位は6月に最大になる

▼小さなかけ橋も沈んでいる。とても幻想的

7月あたりから湖の水は涸れはじめ、冬には再びハイキングスポットに戻る。

水位が減った状態

▼上から見るとその青さがよくわかるグリーンレイクを上から撮影したもの

グーグルマップ

死ぬまでに一度は訪れてみたい絶景のひとつだ。

画像:「By Wolf-Ulf Wulfrolf」、「amusingplanet.com」、「travelnut.me

Top