チャールズ・ディケンズ名言まとめ(英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Charles-Dickens

2012年2月7日は、イギリスのヴィクトリア朝時代を代表する小説家チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)の誕生200周年にあたります。彼は、『オリバー・トゥイスト』、『クリスマス・キャロル』、『二都物語』などさまざまな名作を世に残し、現在でも世界中の人々から愛されています。


チャールズ・ディケンズ名言


別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない
The pain of parting is nothing to the joy of meeting again

本の背やカバーの方がはるかに良くできた本がある
There are books of which the backs and covers are by far the best parts

この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ
No one is useless in this world who lightens the burden of it to anyone else

私は、時間厳守、整理整頓、勤勉の習慣なくして、また、一時に一つの事に専念するとの決意なくしては、私のしてきたことを決して成し遂げられなかった
I never could have done what I have done without the habits of punctuality, order, and diligence, without the determination to concentrate myself on one subject at a time.

心も体同様、安楽を貪ってばかりいると、膿が溜まり病気になりやすいものだ
Minds, like bodies, will often fall into a pimpled, ill-conditioned state from mere excess of comfort

涙を流すことを恥と思う必要は全くない
We need never be ashamed of our tears

名言まとめ一覧

Top