米掲示板「4Chan」、金正恩をTIME誌「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に仕立て上げようと工作中

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

パーソン・オブ・ザ・イヤー 4chan

米TIME誌が先日、毎年恒例「Person of the Year(パーソン・オブ・ザ・イヤー)」の2012年候補者リストを公開し、読者投票の受付を開始した。

今年のリストには、パキスタンの人権活動家「マララ・ユサフザイ」やシリアの「アサド大統領」、韓国ポップスターの「PSY」、「オバマ大統領」など、色んな意味で話題になった人物がノミネートされている。

そんなそうそうたる面々の中で、今のところ最も票を集めているのは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)だ。

パーソン・オブ・ザ・イヤー 2012 途中経過

12月1日の時点で、2位のムハンマド・ムルシー大統領(エジプト)が35万票なのに対して、金正恩はすでに195万票を獲得している。

この異常な投票数をみると大体察しがつくが、金正恩の獲得票はすべてが一般人によるものではない。そのほとんどは米画像掲示板「4Chan」の仕業だ。

26日にタイム誌が「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の候補者を発表するやいなや、4Chanの/b/板(Random)に「我らが偉大なリーダー、金正恩をPerson of the Yearにしよう」という皮肉たっぷりのスレが立った。

▼4Chanスレのチャプチャ

この提案は多くの賛同を集め、一種の“祭り”に発展し、大量の組織票が金正恩に投じられた。運動はすぐに掲示板Reddit(レディット)へと飛び火し、投票数はさらに加速。金正恩はすでに、2位の6倍近くの投票数を獲得しており、もはや逆転はほぼ不可能なレベルに達している。

とはいえ、実際にパーソン・オブ・ザ・イヤーを選考するのはタイム誌のスタッフで、オンライン投票がどの程度の影響を及ぼすのかはわからない。投票の締め切りは、12日の午後11時59分で、14日に結果が発表される予定。

今年の候補者は全部で38名で、火星探索機「キュリオシティ」や「ヒッグス粒子」など人間以外もノミネートされている。ノーベル賞を獲得した中山伸弥教授が入っていないのが残念。

2011年には「The Protester(不特定多数の抗議者たち)」、2010年にはFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグがパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

投票したい人は、以下のリンクからどうぞ。

ソース:「www.time.com/time/person-of-the-year/2012/

Top