【動画】ロボット愛好家が実物大ウォーリーを作成、見た目や動きがリアルですごい!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

米国のロボットマニア、マイク・センナさんが作った「実物大ウォーリー」がすばらしい。

ウォーリーとは、2008年に公開されたディズニーアニメ「WALL-E」の主人公。汚染し尽くした地球をたった一人で掃除する、孤独なゴミ処理ロボットだ。

センナさんがこれまで実物大ウォーリーに費やした期間は約2年。仕事のかたわらコツコツと作業を進めてきたらしい。そして今年5月、ついに完成間近というところまでこぎつけた。

■2010年11月

背中のパネルと頭。プロジェクトは始まったばかり。

■2011年6月

胴体部分が完成。頭も動くようになった。

■2011年12月

パーツの組み立て。この時点ではまだ電気が通っていないためウォーリーは動けない。

■2012年5月

ついに動けるようになった。2人とも嬉しそうだ。

以下の動画で、実物大ウォーリーのアクションを見ることができる。手を振ったり、首を傾げたり、動き回ったりと、動作がとてもリアルでかわいらしい。さらに映画と同じような声も出せる。

個人的な趣味でこれほどまでの完成度を誇るとは、素晴らしいの一言だ。

後は、もう少しのペインティングとパーツを微調整して完成らしい。

スクリーンショット: 「TheMikeSenna – YouTubeチャンネル」

Top