【画像】巨大竜巻も気にせず芝刈りに励むパパ

こちらは、6月初めにカナダ・アルバータ州で撮影され、海外のSNSなどで大きな話題となった写真。巨大な竜巻を背景に、男性がラフな格好で庭の芝刈りに勤しんでいる何ともシュールな一枚だ。

ちょっとやりすぎ!?猫好きによる猫好きのためのログハウス

こちらは、米アリゾナ州アパッチ郡のコンチョという小さな村で売りに出されている物件。外から見た感じは映画にでも登場しそうな砂漠のログハウスだが、家の中はとにかくネコ。リビングや寝室、トイレ、浴室、キッチン、さらには壁や天井続きを読む …

【画像】一本の木からできた超巨大な獅子の彫刻

こちらは、中国湖北省武漢市の「Fortune Plaza Times Square」という場所に設置された巨大な獅子像。一本のローズウッドからできているらしく、長さ14.5メートル、高さ4.35メートル、重さ39トン。彫続きを読む …

史上最悪レベルの「ピカチュウ」タトゥーをナイスアイデアで見事に改善

米マサチューセッツ州のタトゥーショップで働くアーティストのリンジー・ベイカーさんは、ある男性客から相談を受けた。過去に大失敗したタトゥーを何とかしてほしいというのだ。 ベイカーさんが問題のタトゥーを見てみると、そこには子続きを読む …

【Twitter】「トランプのお絵描き」、アメリカ新大統領のパロディアカウントが話題に

入国禁止やTPP離脱など、就任早々から数々の大統領令に署名をして世界中を騒がせているドナルド・トランプ大統領だが、Twitter(ツイッター)では「Trump Draws」というアメリカ新大統領のパロディーアカウントが大続きを読む …

【画像】総額284億円、アメリカで最も高価なカリフォルニアの大豪邸

こちらは、米カリフォルニア州ロサンゼルスの高級住宅地ベル・エアに新築された大豪邸。現在、売りに出されており、価格はアメリカで過去最高額の2億5000万ドル、日本円にして約284億円だ。 この物件に含まれるのは、フルタイム続きを読む …

サイレント映画時代の「トリック撮影」はこんな感じだった

サイレント映画は、19世紀終盤に映画が発明されてから20世紀序盤にトーキー(音声)が登場するまで主流だった音のない映画。チャーリー・チャップリンやハロルド・ロイドの作品などが非常に有名だ。 以下は、サイレント映画時代に使続きを読む …

パブロ・ピカソの自画像: 15歳から90歳まで

パブロ・ピカソは20世紀を代表するスペイン生まれの画家。最も多作な美術家とされており、Wikipediaによると、91歳で死去するまでにおよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫続きを読む …

米国防総省「ペンタゴン」のど真ん中にタコベルがあるらしい

タコベル(Taco Bell)とは、タコスやブリートなどを提供する米カリフォルニア州発のキシコ料理風ファーストフード店。全世界で6000件以上のフランチャイズ店舗を展開しており、最近では東京でも数店舗オープンしている。 続きを読む …

世界で最も黒い物質「ベンタブラック」

こちらは、世の中で最も“黒い”ベンタブラックという物質。イギリスのSurrey NanoSystemsが開発したもので、光の99.965%を吸収する。 Surrey NanoSystemsのウェブサイトによると、ベンタブ続きを読む …

【画像】並べて比べれば「巨大なもの」の大きさが改めて分かる

以下は、YouTubeチャンネルの「A Quick Perspective」が作成したフォトショップギャラリー。巨大とされている世界の建物や乗り物、生き物などを、街の風景などと並べて、その大きさを改めて実感しようというも続きを読む …

オーストラリアの新5ドル札が仕掛け満載で面白い

オーストラリアでは、9月1日から新しい5ドル紙幣が発行された。4月にデザインが発表された時は、オーストラリアのネットユーザーたちの間であまり評判が良くなかったが、この紙幣には偽造を極めて難しくするための様々なセキュリティ続きを読む …

Googleストリートビューにラクダで撮影された地域がある

世界中の道路や名所をヴァーチャルに散策できるGoogleマップのストリートビュー機能。通常は専用の車を使って撮影されるが、道のない場所には人が360度カメラ搭載のリュックを背負って入り、さらに徒歩でも難しい所では、その地続きを読む …

【画像】背景と一体化した猫を探せ

薪がずらりと積み上げられている以下の写真には、1匹の猫が紛れ込んでいる。周囲と完全に同化しているため、かなり分かりにくくなっており、見つけられない人はいつまでたっても見つけられないかもしれないが、猫は確実にいる。カメレオ続きを読む …

液体燃料なしで世界一周したソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2」

スイスで開発された太陽エネルギーの有人飛行機「ソーラー・インパルス2」が、化石燃料を一切使わず世界一周飛行するという快挙を達成した。 2015年3月にアラブ首長国連邦のアブダビを出発したソーラー・インパルス2は、オマーン続きを読む …

ウィキメディア・コモンズの2015年ピクチャー・オブ・ザ・イヤー: NASAの「冥王星」

ウィキペディアの姉妹プロジェクトで、ライセンスフリーの画像/音声/動画データベースを提供するウィキメディア・コモンズ(Wikimedia Commons)では、2006年から毎年、ユーザーたちの投票による「ピクチャー・オ続きを読む …

スチームパンクなタトゥー・マシンの義手を持つフランスの彫り師

こちらは、海外のネット上で話題になっているフランス・リヨン在住のタトゥー・アーティストJC Sheitan Tenetさん。22年前に右腕の肘から下を失い、それからは利き手とは反対の左手を訓練して彫り師になったのだが、最続きを読む …

1910年と2016年のパリ洪水: 同じ場所から比較した写真

6月初めにフランスを襲った大豪雨により、セーヌ川が一部氾濫するなど災害に見舞われたパリの街。『ロイター』の報道によれば、セーヌ川の水位は過去30年で最高となる6メートルに達し、道路や商店の冠水、地下鉄の運休といった洪水被続きを読む …

【アメリカ】美術館の床に普通のメガネを置いてみたところ人だかりができた

5月のある日、サンフランシスコ近代美術館を友人と訪れていたというカリフォルニア州ベイエリア在住のTJ Khayatanさん。館内を回っていたところ、グレーのブランケットに包まれた動物のぬいぐるみが目に留まり、「これを素敵続きを読む …

Top