【野球】世界一奇妙なバッティングのポーズを決める米大学生バッター

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

奇妙なルーティン

イチロー選手をはじめ、打席に入ってからポーズを決めるバッターがたくさんいるが、みんなただ単にカッコつけてやってるわけじゃない。これはルーティンという動作で、集中力やリズムを整えるために行うものだ。

バッターによってルーティンのポーズはさまざまだが、こんな大迫力なのは見たことがない。

▼ピッチャー目線ルーティン ピッチャー目線

▼後ろからルーティン 後から

▼前から奇妙なルーティン

今にもバットを叩き下ろさんばかりのポーズを見せるのは、米大学野球のAlex Buccilli選手。一球ごとにこの動作を繰り返すわけだが、もちろんこの体勢のままバットを振るわけじゃない。ピッチャーが構えると、スッと立ち上がる。

自分のリズムを作るだけでなく、はじめて対峙したピッチャーを威圧する効果もありそう。

Video:「YouTube

Top