【動画】空中で気絶したスカイダイバーを仲間が救出!!衝撃のヘルメットカメラ映像

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スカイダイビング 気絶

高度3500mからのスカイダイビング中に突然気絶…。イギリス在住のジェームス・リーさんは、そんな絶体絶命の危機から奇跡の生還を果たした。一緒に飛んだ仲間たちの冷静な行動のおかげだ。

これまでに1000回以上のジャンプをこなしてきたというベテランスカイダイバーのリーさん。その日も大勢の仲間らと一緒に、普段通り飛行機から飛び出した。

しかしダイブしてから間もなく、他のスカイダイバーの足がリーさんの頭を直撃。その衝撃でリーさんは気を失ってしまう。

何かがおかしいと察した仲間2人が駆け寄り、ハンドサインでリーさんの様子をチェック。反応がないことを確認すると、2人はすぐさまリーさんの体を適切なポジションに正し、頃合いを見てからパラシュートを開いた。見事な機転の利かせ方だ。

リーさんが意識を取り戻したのは、幸いにもパラシュートで落下中のときだった。アクシデントのことは何も覚えていないらしい。目を覚ました瞬間はどんな気持ちだったのだろう…。

リーさんは怪我することもなく無事に着地成功した。

参考記事:「abcnews.go.com

Top