伝説のスケーターがリアル・ホバーボードでミニランプに挑戦!!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ホバーボード トニー・ホーク

ホバーボードとは、映画『Back to the Future Part II』(バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2)に登場する空飛ぶスケートボードのことだ。

映画の設定で、主人公のマーティーがタイムトラベルしたのは2015年(10月21日午後4時29分)の世界。約束の未来がすぐそこまで迫る中、完全に本物とまではいかないが、実際に浮かんで乗れるホバーボードが完成しつつある。

以下は、Arx Pax が開発を進めるホバーボード「Hendo」。今回、伝説のスケートボーダー、トニー・ホークがこの最新ハイテクスケボーのテストライドに挑戦した。

すごい!2.5cm ほどとはいえ本当にスケボーが浮いている!!

ただこれは磁場の力で浮いているため、決まった場所でしか使用することができない(銅やアルミニウムの床など)。マーティーのように街中を自由に駆け巡れるようになるのはまだ先となる。また推進力が備わっていないため、普通のスケボーのように地面を蹴ってプッシュしなければならない。

初期モデルの生産数はわずか10台で、1台の価格は1万ドル(すでに売り切れ)。出荷は2015年の10月となる。

まだまだバック・トゥ・ザ・フューチャー並のホバーボード実現には遠いが、とても夢のあるプロジェクトだ。

Video:「YouTube

Top