【アート動画】シャボン玉をマイナス15℃の部屋で凍らせてみたところ

シャボン玉 凍らせる

こちらは、ポーランドのワルシャワで活動するフォトグラファー/アーティストのPablo Zaluskaさんが制作したアートフィルム。石鹸のシャボン玉を摂氏マイナス5℃~10℃で凍らせて、その様子を高画質カメラで撮影したものだ。

それぞれのシャボン玉が様々なパターンの模様を描きながらフリーズし、まるでアート作品のような姿に変身していく様子が、とても神秘的で美しい。

Zaluskaさんによると、このプロジェクトへのインスピレーションは、3歳の娘との何気ない会話から生まれたという。

ある寒い冬の日、娘が外出する際にジャケットを着ることを嫌がったらしい。「外はすごく寒いんだよ」と告げたところ、「どれくらい寒いの?」と素朴な疑問が返ってきたそうだ。そこでZaluskaさんは、幼い子供の好奇心を満足させるべく、こんな風に答えた。

「とても寒くて、シャボン玉が凍りつくほどさ。すごく綺麗なんだよ」

キラキラと輝く娘の目を見て、Zaluskaさんは凍るシャボン玉の撮影を決めたという。

シャボン玉 凍らせる1

シャボン玉 凍らせる4

シャボン玉 凍らせる5

Zaluskaさんいわく、シャボン玉が割れることなく綺麗に凍りつく確率はたったの5~10%ほどだったらしく、撮影の際はマイナス15℃の部屋で我慢強く待ち続けるのが大変だったとしてる。

Video:「Vimeo

Top