狂犬から少年を救ったヒーロ猫のタラちゃん、米マイナーリーグ野球の始球式に出場決定

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

猫 少年救出

米カリフォルニア州ベーカーズフィールドの住宅街で起こった心温まる出来事。ある日、4歳のジェレミー君が自宅前で自転車に乗って遊んでいたところ、近所の犬が突然背後から忍び寄り、牙を剥いて少年に襲い掛かった。少年と同じくらいの大きさの中型犬だ。

ジェレミー君は足を激しく噛みつかれたまま引きずられるような形になり、このままだと非常に危険な状態。そこへ真っ先に救助に駆けつけたのは、少年の愛猫タラ(Tara)ちゃんだった。

タラちゃんは電光石火の動きで猛タックルを仕掛け、一瞬で犬を蹴散らすことに成功。おかげでジェレミー君は数針の怪我を負っただけで、大事に至らずに済んだという。噛みついた犬については、現在動物管理局が保護しているようだ。

この救出劇は自宅の防犯カメラによりバッチリ捕えられており、後日ジェレミー君の父親はその一部始終をYouTubeに公開。するとわずか1日足らずで再生回数が900万回を超える話題動画となった。

▼5年前に駐車場から拾われてきたというタラちゃん。しっかりと恩返し猫 タラちゃん

タラちゃんマウンドへ

このニュースは各国のメディアに取り上げられ、一躍世界的な有名人となった猫のタラちゃん(Tara the Cat)。そんな彼女のもとに先日、地元のマイナーリーグ野球チーム「ベーカーズフィールド・ブレイズ」から始球式への出場オファーが届いた。地元メディアによると、タラちゃんは20日に行われるホームゲームで始球式のマウンドに立ち、最初のピッチングをする予定だという。

どうやって猫にボールを投げさせるつもりなのかはわからない。

Thumbnail via ABC News/YouTube

ソース:「turnto23.com

Top