【動画】風力で動くオランダの巨大キネティックアートが不気味に凄すぎる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

こちらは、オランダの彫刻家/物理学者テオ・ヤンセンさんが制作した「ストランドビースト」(Strandbeests)という芸術作品。

ストランドビーストはオランダ語で「ビーチ・アニマル」の意。プラスチックのチューブを骨組みにした風力で動作するキネティックアートで、恐竜の骨格模型のような巨体がビーチを動き回る姿は大迫力であると同時に、まるで本当の生命体みたいに見える。

動くが細かく、何だかすごく非現実的な光景。何も知らない人が浜辺でこれに出くわしたら、確実にパニックになるだろう。

なお「ストランドビースト」は、今年の10月3日から11月11日まで、沖縄県立博物館・美術館で展示/デモンストレーションされる。実物はさらに大迫力に違いない。

Video:「YouTube

Top