【画像】チリ南部のビジャリカ火山が大噴火

チリ 噴火 2015

南米チリで現地3日未明、南部にある火山が噴火し、政府が周辺の住民数千人に避難命令を出した。

噴火したのは、首都サンティアゴから約640km南に位置する標高2847メートルのビジャリカ火山。現地時間午前3時頃に噴火が観測され、火山灰や溶岩が山頂から1000メートルほど勢いよく吹き上がる様子が各地で確認されたという。

▼ビジャリカ火山ビジャリカ火山via Google Map

チリ 噴火1Image via@NGalloR

チリ 噴火Image via@NGalloR

チリ 噴火2via Imgur

チリ 噴火4via BBC

ビジャリカ火山は人気の観光スポットで、最後に噴火したのは1984年とされている。

Image:「Imgur via Reddit」

Top