【スローモーション】.44マグナムでゼラチンのブロックを撃ち抜いてみると

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%a0-%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc

以下は、.44マグナム弾がバリスティック・ゲルを貫通する様子をスローモーションにした映像。バリスティック・ゲル(弾丸ゼラチン)とは、弾丸の威力や働きを観察するためのゼラチンブロックだ。特にド派手なことが起こるわけでもないが、スローで見るとすごく面白い。

弾丸が貫通した直後にゲル内で小さな爆発が起きているが、これはソノルミネッセンスと呼ばれる現象。Wikipediaの記事によると、「液体中の気泡が超音波によって圧壊したときに起こる発光」とある(以下、引用):

液体に超音波を照射すると、キャビテーション現象によって無数の気泡が発生する。気泡は超音波が負圧になったときは膨張し、正圧になったときは収縮する。特に、超音波の共振径付近のサイズの気泡は音速に近い速度で急激に収縮するため、断熱圧縮の効果によって瞬間的に数千度以上の高温状態となる。このとき気泡の内部では、高温によって熱励起された原子・分子による発光や、ラジカルによる化学発光が生じる。また、強く圧縮された気泡からは電離した気体からのプラズマ発光も生じるといわれている。

Video:「YouTube

Top