【動画】スラックライン世界新記録、ユタ州の荒野で500mの綱渡り

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スラックライン 世界記録

2015年11月15日、フランス出身のスラックライナーThéo Sansonさんが、米ユタ州の砂漠地帯でスラックラインの世界新記録を樹立したそうだ。

スラックラインとは、ベルト状のラインの上をバランスを取りながら歩くスポーツ綱渡り。今回Sansonさんは、ユタ州のキャッスル・バレー(Castle Valley)地域にそびえ立つ「キャッスルトン・タワー」と「レクトリー」という巨岩の間にロープを張って、チャレンジを決行した。ロープの全長は500m、高さは地上120メートル以上だという。

その時の様子をとらえた映像がとにかく凄い。映画に登場しそうなアメリカ西部の広大な景色を背景に綱渡りする姿があまりにも非現実的で、思わず引き込まれてしまう。

スラックライン 世界記録1

これは、岩山と岩山にロープをつなげるだけでもかなり大変な作業だったに違いない。

Video:「Vimeo

Top