【POV映像】ソチ五輪アルペン男子滑降のコースがすごい

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ソチ五輪 男子滑降 POV映像

ソチ冬季オリンピックでアルペン男子滑降の舞台となった「Rosa Khutor」。標高差1075m、全長3495m、凸凹だらけの超難関コースで、最高時速が130kmに達することもあるらしい。アルペンアメリカ代表のボード・ミラー選手はRosa Khutorについて、「もし細心の注意を払っていなければ、命を落とす危険もある」と語った。

そんな魔のダウンヒルコースをカメラ片手に滑降した大迫力のPOV映像が公開されていたのでご紹介。

疾走感がすごい!!この危険な撮影に挑んだのは、BBCレポーターで元オリンピックスキー選手のグラハム・ベルさん。滑り終えた後、「これまでで最も困難なオリンピック滑走コースの一つだ」とコメントした。

Video:「YouTube

Top