イギリス運輸省の「飲酒運転やめよう」キャンペーン動画が怖すぎ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

飲酒運転

日本に比べ、飲酒事故件数が遥かに多いイギリス。2011年の飲酒運転による死傷者数は約1万人にのぼり、一般事故全体の約5%を占めた。

そんな現状の中、英運輸省が飲酒運転に対する国民の問題意識を高めようと作成したキャンペーン動画が、色んな意味でインパクト大だとネット上で話題になっている。

動画は、とあるパブの男子トイレの鏡から血の付いたマネキンの頭が大きな衝突音と共に飛び出してくるという、ドッキリ仕立ての内容。実際の事故の際に、人間の頭がフロントガラスを突き破るという恐怖と衝撃を伝えようとしているのだろうが…。

映像としてはインパクトがあり面白いが、果たしてここから「飲酒運転やめよう」というメッセージが伝わるかどうか。どちらかと言えば、飲酒運転よりも、「一人でトイレ行くのやめようかな」と思わされる動画である。

ちなみに、日本の飲酒事故件数は2012年で4603件。毎年順調に減少しており、10年前の数字から4分の1以下になっている(※警察庁調べ)。

Video:「YouTube

Top