街中に置かれたピアノでプロのピアニストがゲリラ演奏してみた

ヘンリ・ハーバート 街中ライブ

ロンドンの主要ターミナル駅「セント・パンクラス駅」の中央ホールに設置されている一台のピアノ。そこには「Play Me, I’m Yours(僕を弾いてください。あなたのものです)」と書かれている。駅利用者なら誰でもプレイすることのできる公共ピアノだ。

そこである日、英ガレージロックバンド「ザ・ジム・ジョーンズ・レビュー」のピアニスト、ヘンリ・ハーバートがゲリラライブを決行した。

ハーバートのあまりの上手さに、足を止めパフォーマンスを唖然と見守る通行人たち。カメラや携帯を取り出し撮影している人もちらほらいる。

この他にもセント・パンクラス駅には合計で5台の公共ピアノが置かれているらしい。

ちなにみ動画の音声は、ピアノの後ろに取り付けたレコーダーで録音されたもので、編集時に映像とシンクロさせたのだという。だから周りの騒音などもあまり入っておらず、音質が良い。

Video:「YouTube

Top