【動画】人間から鳥の生き方を学ぶ「はぐれペリカン」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

はぐれペリカン

こちらは、タンザニアのサファリパーク「Greystoke Mahale」に暮らすビッグ・バードという名前のペリカン。ある嵐の日に群れからはぐれてしまったらしく、タンガニーカ湖の岸に打ち上げられていたところをパークのスタッフがレスキューした。

保護された当時のビッグ・バードは生後3ヵ月ほどで、飛ぶことすらできない状態だったという。そこでスタッフたちは、手をバタバタさせながら鳥と一緒に浜辺を走るなど、日々懸命なサポートを続けた結果、数週間後に初フライトに成功したそうだ。

飛ぶことを学んだビッグ・バードだが、将来的に野生で生きていくためにはそれだけでは十分じゃない。次に生存の最低条件である餌の取り方を教えるべく、パークマネジャーのジェフリーさんは毎朝ペリカンを魚釣りに連れていくようにしたそうだ。

浜辺から投げ釣りをしたり、カヤックで一緒に沖まで出かけたり…。長い時間を共に過ごすにつれ、2人の絆はどんどんと深まっていった。

ペリカンが賢く言うことをきいたり、人間に甘えたりする姿は最高にかわいらしい…。

はぐれペリカン1

はぐれペリカン2

はぐれペリカン3

はぐれペリカン4

はぐれペリカン5

はぐれペリカン6

Video:「YouTube

Top