少年と足の不自由な子犬とのふれあいを描いた感動のショートアニメ『The Present』

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

The Present ショートアニメ

こちらは、ブラジルのイラストレーターFabio Coalaさんのコミックを原作としたショートアニメーションフィルム『The Present』。1人の少年と障害を持った子犬の出会いを題材にした作品で、2014年の初公開から世界各地の映画祭などで合計59個のアワードを受賞する大ヒットとなっている。

少年がゲームに熱中しているところに、母親が段ボール箱を持って帰宅し、「プレゼントよ」と少年に前に差し出す。箱を開けると、そこには1匹の子犬が入っていた。興味津々のリアクションをみせる少年だが、子犬に片方の前足がないことに気が付くと、とたんに不快そうな表情を浮かべ、子犬を冷たく乱暴に突き放す。

それでも嬉しそうに部屋の中を駆け回る子犬。その様子を見ていた少年は、少しずつ心を開いていく…。

実は、少年自身も足に障害を抱えていたのだ。

もともと『The Present』は、ドイツにある映画学校の卒業プロジェクトとして制作されたもの。監督を務めたJacob Freyさんは、この作品が大成功したことにより、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに就職することができたそうだ。

Video:「Vimeo

Top