【動画】スキーヤーが雪崩に巻き込まれた友人を奇跡的に救出

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

雪崩 救出

雪の深い山でスキーやバックカントリーに挑戦する際は入念な準備が必要。以下は、雪崩にのまれた男性が友人の助けにより奇跡的に一命をとりとめる様子をとらえた映像だ。

今年1月、オーストラリア出身の大学生4人がスイスアルプスのリゾートでスキーを楽しんでいたところ、近くで発生した雪崩に襲われる。3人は何とか無事だったが、ジェイムス・モートさんが大量の雪の下に生き埋めになってしまった。

モートさんは生き埋めになった時の状況を次のように語っている:

雪が積み重なるにつれ、周囲はどんどん暗くなり、最後には不気味な静寂と闇に包まれました。聞こえてくるのは私の浅い呼吸と激しい鼓動だけです。
「そうか、このまま死ぬのか」、私は思いました。
私のバックパックの中にはシャベルとプローブ、そしてビーコンを身につけていましたが、仲間の2人はシャベルとプローブしか携帯していません。私は時間内に見つけてもらえないであろうことを覚悟しました。まったく身動きが取れなかったので、私はゆっくりと呼吸しながらリラックスして、酸素を長持ちさせることに集中しました。 「死とはどんなものだろう?」、そんなことをふと考えながら、恐ろしいほど無感情に。そこで私は、自分の左手がポールを握ったまま上の方を向いていることに思い当たりました。腕を小刻みに動かしてみると、弾けたような感触がありました。ポールの先数センチが雪の表面に突き出たのです。溢れんばかりの感情が押し寄せました。もし仲間がポールの先を見つければ、私が埋まっている場所を特定してくれるはずだと思ったのです。それでも私は何とか冷静を保つよう努めました

ポールを雪面から突き出すことができたのは、まさにミラクルとしか言いようがない。しばらくしてからスキーパトロールが現場に到着し、1時間ほどで無事救出されたという。

「いかなる場合もコースの外は滑らないようにし、同行者全員がビーコン、シャベル、プローブを絶対に携帯すること」、モートさんは今回の経験を踏まえて他のスキーヤーたちに強く訴えている。

Video:「YouTube

Top