ロングボーダー 命がけのハイスピード・ダウンヒル

ロングボード ダウンヒル

世の中には、信じられないような“スリル好き”が存在する。理解できない人からはただの馬鹿と呼ばれ、理解できる人からはヒーローと呼ばれる。プロスケートボーダーのジェイムス・ケリーもそんな究極のスリル好きの一人だ。

この夏にケリーはスケートボードブランド「Arbor」のプロモーションムービーとして、ロングボードでダウンヒルに挑戦したのだが、これがもうエクストリームスポーツというレベルを遥かに超えている。

プロテクションはヘルメットとグローブのみ、Tシャツ姿という格好で、コンクリートのハイウェイを高速滑走。見ているだけで心臓が口から飛び出そうになるほど過激でスリリングな作品に仕上がっている。

ケリーいわく、動画2:20で転倒したときの速度は90キロオーバーだったとのこと。撮影後、自身のFacebookページで「時速60マイルでこけた。楽しいもんじゃないから、真似しないように…」と語っている。

Video:「YouTube

Top