まるで魔法!!レーザーを使った光速版画がスゴイ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

こちらは、「Z-Tech」という会社のレーザーを使った「レーザー・エングレービング版画」の映像。

レーザー・エングレービングは、宝石や銃器などにマークを刻むのに使用される凹版技術で、鉄や大理石、金銀、プラスチックなど、さまざまな素材に凹凸を作って模様を描く。その製作過程が、さすがレーザーだけあってとにかく早い。光りと共に一瞬で複雑なイメージが刻まれていく様子は、まるでファンタジー映画やゲームでの魔法を見ているかのようだ。

どの先端技術にも言えることかもしれないが、数百年前の人たちがこれを見たら本当に魔法だと思うだろう。

Video:「YouTube

Top