【動画】暴走ランボルギーニが時速320kmでクラッシュ

ランボルギーニ 事故

高速道路を超ハイスピードで疾走するランボルギーニ・ウラカン。スピードメーターには時速300kmの数字が表示されている。レースサーキットならまだしも、他の車も走っている公共の道路でこんな危険暴走をするなど、頭がおかしいとしか思えない。

以下は、昨年9月にハンガリーの高速道路で起きた事故の映像。助手席から撮影されたもので、今年に入ってから現地の警察がネット上に公開した。速度が315kmに達したあたりでランボルギーニはコントロールを失い、道路から飛び出して激しくクラッシュする。

動画の最後を見ての通りランボルギーニは大破。だが幸いなことに運転手は無事だったらしく、助手席の撮影者もすぐに病院に運ばれ、一命をとりとめたという。これだけの事故で死者が出なかったのは奇跡だ。

ちなみにランボルギーニを運転していた36歳の男性は、危険運転などの罪で逮捕された。

Video:「YouTube

Top