空飛ぶ人間「ジェットマン」がドバイの大空をエアバスと編隊飛行

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ジェットマン ドバイ

世界で初めてジェットエンジン搭載の翼を背負って空を飛び、ジェットマン(Jet Man)として有名になったスイス出身のパイロット/発明家/空飛ぶ男イブ・ロッシーさん。今回新たに弟子のVince Reffetサンを従え、カーボンファイバー製のジェットパックウィングで大型旅客機「A380」とドバイの上空約1200メートルを並んで編隊飛行するというクレイジーなスタントに挑戦した。

ジェットマンたちは、ヘリコプターで上空約450mに昇ってからジェットパックでの飛行を開始。無線でエアバスの機長とコミュニケーションを取りながら、綿密に計画された編隊飛行を無事成功させた。

翼を背負った人間がジャンボジェットと並んで飛ぶというあまりにも非現実的な光景と、ドバイの壮大かつ近未来的な風景が見事に融合して、最高に魅力的な映像に仕上がっている。この動画は、YouTubeに公開されてから数日で700万ビューを突破する大ヒットとなった。

Video:「YouTube

Top