ジェイソン・ムラーズ、シェイカーを振っていた観客をステージに招き素敵な即興セッション

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ジェイソン・ムラーズ

11月に台湾・台北で行われた米ミュージシャン、ジェイソン・ムラーズのライブでのこと。人気のバラードナンバー『Be Honest』を歌っていたムラーズは、客席の前の方で曲に合わせて自前のシェイカーをシャカシャカと振る若い男性ファンの姿を見つける。

そのまま1番を歌い上げたが、どうしても気になったのだろう。ムラーズは演奏を中断し、シェイカー男に向けて「なあ、君。こっちにおいでよ」と声をかけた。

「たぶん君の周りが迷惑してると思うから、こっちに上がっておいで」

突然の展開に大盛り上がりする会場。ムラーズに手を引かれ、男性はステージに上がった。名をスタンというらしい。ムラーズが「じゃあシェイクしてくれ。ナイスでシンプルにね」と促すと、スタンは慣れた手つきでシェイカーを振り始める。そして2人の即興セッションがスタートした…。

まさかスタンがここまでのやり手とは!?ステージに招いたムラーズ本人も少々驚いている様子だ。スタンはただシェイカーを振るだけではなく、ハモりまで披露。しかもムラーズと息がぴったりで、後半には一瞬だけだがメインボーカルも担当した。

世界的なミュージシャンと突然ステージを共にして、ここまで堂々と立ち振る舞えるスタンはただ者じゃない。この素敵な即興セッションに、観客席からは大きな拍手と歓声が鳴り響いたのであった…。

Video:「YouTube

Top