【動画】遠近法を巧みに利用したイリュージョンな部屋

オプティカルイリュージョン 動画

以下は、イギリスのハートフォードシャー大学で心理学の教授を務めるリチャード・ワイズマンさん(Richard Wiseman)が作成したオプティカルイリュージョン動画「Assumptions」 (「思い込み」の意)。ごく普通に見える部屋の中に、実は錯覚を利用したいくつかのトリックが仕掛けられている。

ソファーが偽物で、奥のコーヒーカップもやたらと大きく、壁の絵はなんと切手サイズだった。「このアイテムはこれくらいのサイズだろう」という脳の思い込みを利用したイリュージョンだ。タネが分かればすごく単純なことだが、初めて見る人はそれなりに驚いたはず。

「エイムズの部屋」(ames room)と呼ばれるイリュージョン効果に似ている。

Video:「YouTube

Top