ちょっと残酷なハロウィンドッキリ: 「キャンディー全部食べちゃったよ」と親から告げられた子供たちの反応

ハロウィン ドッキリ

これは、アメリカで大人気のトーク・ライブ番組『ジミー・キンメル・ライブ!』 が毎年ハロウィンに開催するドッキリ企画。ハロウィンの翌朝、目を覚ました子供たちに「キャンディーを全部食べてしまった」と嘘をついて、そのリアクションを撮影したものだ。

ハロウィンのキャンディーは、子供たちが前の日に町中を練り歩き、一生懸命かき集めた宝物。子供たちにとってはただのお菓子以上にかけがえのないものである。ちょっと残酷な企画だが、子供たちがみせるさまざまな反応がおもしろい。

親の信じられない裏切り行為に、困惑して泣きわめく子供が続出。感情的になって暴れだす子や、「僕の人生はおしまいだよ!」と口走る男の子もいた。反対に、涙目になりながらも「別にいいよ」と笑顔で答えるやさしい子もいる。

この企画は大変な人気で、動画がYouTubeに公開されてからわずか1日で400万ビューを突破した。

Video:「YouTube

Top