ちょっとした職場での嫌がらせにも耐えられる人型ロボット

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

人型ロボット

こちらは、アメリカのロボット会社ボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)が開発したヒューマノイド「アトラス」(Atlas)。身長175cm、体重81kgの人型ロボットで、その新たなデモンストレーション動画が先日YouTubeに公開され、大きな注目を集めている。

動画では、アトラスが雪の中を歩き回ったり、段ボール箱を床から拾い上げて棚に収納したり。特に話題になっているのが、ホッケーのスティックで小突かれながらも健気に作業を遂行するシーンだ。

棒でつつかれたり、後ろから突き飛ばされたりする姿は何だか虐められているみたいで、少しアトラスが可哀そうに思えてくるが、それでもハプニングに迅速に対応しながら仕事を続けられる性能は凄い。ただそのうちロボットが暴走して、スタッフに襲い掛かるのではないかと心配になってしまった。

Video:「YouTube

Top